INFORMATION

新規記事「社員の熱中症への企業の対策は?「暑さ」の基準や安全配慮義務も解説」を公開しました

社員の熱中症への企業の対策は?「暑さ」の基準や安全配慮義務も解説

新規記事「社員の熱中症への企業の対策は?「暑さ」の基準や安全配慮義務も解説」を公開しました。

熱中症は、めまいや体温の上昇といった初期症状だけでなく、意識障害や全身のけいれんなど重篤な症状を引き起こします。高温多湿の環境下で起こるため、条件次第ではだれでも経験する可能性があります。職場においては、社員を熱中症から守るための作業環境管理や作業内容の配慮など、企業全体の対策が必要です。熱中症に配慮した環境を整備していない場合、安全配慮義務違反や労災につながる恐れもあるでしょう。

本記事では、企業として熱中症対策をどのように行えばよいかを解説します。熱中症リスクのある「暑さ」の基準や、安全配慮義務の範囲についても説明しています。熱中症の安全衛生管理について課題を抱えている人は参考にしてみてください。

記事内容についてはこちらからご覧ください。

SUGARメルマガのご案内

SUGARでは企業の健康経営や従業員の健康増進に役立つメールマガジンを配信しています。

こちらのフォームよりメールマガジンの登録が可能ですので、お気軽にご登録ください。

PAGE TOP