ブログ

発達障害は仕事ができない?傾向のある社員の特徴や向く仕事を紹介

発達障害は仕事ができない?傾向のある社員の特徴や向く仕事を紹介

「発達障害の人は仕事ができない」「仕事ができない社員がいる」「発達障害なのかもしれない」というお悩みを聞くことがあります。

発達障害がある人も、発達障害の特性に着目し、特性を生かすことができれば、職場にとって欠かすことができない人材になります。

発達障害と診断を受けていない、いわゆるグレーゾーンとされる社員についても、発達障害の社員と同じ配慮を行うことで、仕事のパフォーマンスを改善させることが可能です。

本記事では、発達障害の特性に着目し、発達障害の傾向がある社員はどのような仕事が向いているのか紹介していきます。

発達障害とは

発達障害とは

2023年11月1日配信の「発達障害の傾向がある社員のマネジメント方法とは?」では、発達障害とは、脳機能の発達に偏りがあり、日常生活や仕事において支障をきたしている状態であること、得意な分野では力を発揮できる一方、特定の分野は苦手という特徴があることを説明しました。

関連記事:発達障害の傾向がある社員のマネジメント方法とは?

ここでは改めて、職場でみられやすい4つの発達障害の種類について簡単に解説します。

ADHD:Attention-Deficit Hyperactivity Disorder(注意欠如・多動症)

一つのものごとに集中しにくい不注意傾向のほか、落ち着きのなさや突発的に行動する多動性、衝動性という特性がみられます。

順序立てて行動することが難しく、短絡的な行動をとってしまうことがあります。

ASD:Autism Spectrum Disorder(自閉スペクトラム症)

以前は、アスペルガー症候群や自閉症と呼ばれていた障害です。現在は自閉スペクトラム症(ASD)とまとめられています。

コミュニケーションの困難さや、柔軟な対応が苦手、といった特徴がみられます。

SLD:Specific Learning Disorder(限局性学習症)

知的な問題がないにもかかわらず、読み書きや計算などの学習に必要な能力を習得できず、困難さを抱えた状態です。

代表的なものに、読字障害、書字表出障害、算数障害があります。

DCD:Developmental Coordination Disorder(発達性協調運動症)

身体の複数の部位を連動させて動かす協調運動が苦手なことが特徴です。

全身や手足などの運動面において不器用さがみられます。

仕事がうまくできない発達障害者にみられる特徴

仕事がうまくできない発達障害者にみられる特徴

職場でみられやすい4つの種類の発達障害について、簡単におさらいしました。

発達障害の特徴を理解しやすくするために、どのような仕事がうまくできないのか、具体的な例を紹介します。

(発達障害の社員が抱える困難さは、一人ひとり異なります。すべての方に該当するわけではありません)

ADHD(注意欠如・多動症)の特性がある社員

ADHDの特性がある社員の方には、仕事において下記のようなエピソードがあります。

静かな空間での集中や計算作業が苦手

落ち着きがなく、じっと座っていられないため、静かな環境でのデスクワークが苦手でした。うっかりミスや計算ミスが多いため、お金を扱う事務作業などは向いていない場合がありました。また、段取りよく仕事を進めることができず納期を守ることが苦手でした

整理整頓が苦手でモノが多いとミスが発生する

整理整頓が苦手で、仕事に必要なものがどこにあるかわかりません。大事な伝票を紛失してしまうこともありました。検品作業を任せると、不良品を見逃してしまうことが多くありました。

時間通りに動くことや場に合わせた行動が苦手

お客様との商談に遅刻をしたうえ、空気の読めない発言をしてしまい、お客様を怒らせてしまいました。社内の合意を得ていない契約を勝手に進めてしまい問題になったこともありました。

ASD(自閉スペクトラム症)の特性がある社員

ASDの特性がある社員の方には、仕事において下記のようなエピソードがあります。

ポイントを抑えた作業が苦手で些末な部分にもこだわる

社内用の簡単な資料作成にもかかわらず、文章の表現や句読点の位置、レイアウトなど些細なことを気にしすぎ、締め切りまでに資料を作成できませんでした。以前にも行った作業でしたが、体裁が少し異なったため、融通が利かなかったようです。

適度に作業をするのでなく全てを厳格に扱って作業をする

除草作業において、草の多い場所のみを除草すると10分ほどで終わる雑草引きのはずが、3時間かかり、すべての草花をきれいに抜いてしまいました。

また、検品作業で、判定が微妙なものをすべて「不良」と判断してしまいました。迷ったときには、相談するように伝えたところ、毎回質問しにくるようになり、他の作業ができなくなりました。

SLD(限局性学習症)の特性がある社員

SLDの特性がある社員の方には、仕事において下記のようなエピソードがあります。

活字のマニュアルや作業手順書などを読むのが苦手

字を読むことが苦手なため、マニュアルや社内の掲示物を理解できず、いつも他の人の様子を見たり聞いたりしながら仕事をしていました。

メモが苦手なため、電話対応やミスのない作業が苦手

言われたことを文字に書き残すことが苦手なため、電話対応が苦手です。メモを取らないのかと叱られることもよくありました。

棚卸しで、数量を正しく数えることができません。数えるたびに数量が変わってしまいました

DCD(発達性協調運動症)の特性がある社員

DCDの特性がある社員の方には、仕事において下記のようなエピソードがあります。

他の人と比べて、PCの入力に時間がかかってしまいます。画面や資料を見ながら、キーボードを入力することが苦手です。

車をよくぶつけます。台車で荷物を運ぶときも、うまく通路を曲がれないことがあります。

はさみで線の上を切ったり、エプロンのひもを背中で結んだりすることが苦手です。

発達障害グレーゾーンの適職は?向く仕事のポイントを解説

発達障害グレーゾーンの適職は?向く仕事のポイントを解説

仕事ができない例を紹介しましたが、発達障害の特性に着目し、特性を生かすことができれば、発達障害がある人も、職場にとって欠かすことができない人材になります。

発達障害が疑われるグレーゾーンと言われる人に対しても、同じような視点を持つことで、適材適所な人員配置を行うことができます。

ADHD(注意欠如・多動症)の社員に向いている仕事

納期に余裕があり、ある程度のミスが許され、ダブルチェックが可能な作業が向いています。精度は高くなくても良いので、一次作業として大量の情報を処理する作業や、散らかっている部屋の荷物をすべて運び出すといった作業が該当します。

細かいことが気にならない、行動力があるという強みに着目すると、前例がない仕事や、組織改革の仕事などに果敢に挑戦できる人材ともいえます。補佐役に恵まれて、リーダーシップを発揮することで、組織の上に立って活躍する人も少なくありません。

ASD(自閉スペクトラム症)の社員に向いている仕事

一度理解し納得した仕事は、しっかりと行うことができます。ミスが許されない厳格な仕事や、高い集中力が要求される仕事品質検査などの作業が向いています。

こだわりが強みとなることで、組織にとって大きな戦力となります。専門知識を突き詰める研究職やプログラマー、モノづくりのスペシャリストとしても活躍を期待できます。

SLD(限局性学習症)の社員に向いている仕事

読み、書き、計算のうち、苦手なものを必要としない仕事を用意します。身体を動かす作業や、軽作業などが該当します。

IT機器を利用すれば、音声で文字を入力できたり、文字を読み上げたりすることができます。計算もITに任せることが可能です。

DCD(発達性協調運動症)の社員に向いている仕事

できるだけ複雑な動作を必要としない仕事を用意します。どうすれば苦手な動作をしなくてすむかという観点で考えることが必要です。

エプロンのひもを背中で結ぶことができない場合には、ひもを前で結んだり、被るタイプのエプロンに替えたりすることで、問題が解消します。

発達障害の傾向のある社員には、人事部や上司のみならず、同僚も理解を深めて適切に接することが大切です。

厚生労働省が「精神・発達障害者しごとサポーター 養成講座 」というコンテンツの中で「発達障害のある同僚への接し方」を公開しています。以下のような事例も参考にしながら、力が発揮できる適材適所を見つけ職場の全員が意識を持ったうえでサポートすることが大切です。

参考:厚生労働省「精神・発達障害者しごとサポーター 養成講座 」

まとめ:向いている作業を任せる

まとめ:向いている作業を任せる

「発達障害があると仕事ができない」とは限りません。一人ひとりの障害の特性や苦手さを意識して、向いている作業を任せることで、仕事ができる人材に変わります。

仕事ができないと思ったときには、その仕事がその社員に合っていないのではないかと考えてみることが大切です。

関連記事

  1. 健康経営の役割とは?3つの効果と取り組み方、大企業の導入事例も紹介 健康経営の役割とは?3つの効果と取り組み方、大企業の導入事例も紹…
  2. アサーションを職場に取り入れるには?実践方法やメリットについて解説 アサーションを職場に取り入れるには?実践方法やメリットについて解…
  3. 健康経営はなぜ採用につながる?その理由と企業の取り組み事例を紹介 健康経営はなぜ採用につながる?その理由と企業の取り組み事例を紹介…
  4. 中小企業も健康経営が必要!取り組み手順や事例を紹介 中小企業も健康経営が必要!取り組み手順や事例を紹介
  5. プレゼンティーズムとは?健康経営に向けた企業の改善策を解説 プレゼンティーズムとは?健康経営に向けた企業の改善策を解説
  6. カウンセリングとコーチングはどう違う?手法や効果の違いを解説! カウンセリングとコーチングはどう違う?手法や効果の違いを解説!
  7. 心理的安全性とは?注目される背景や組織にもたらす効果を解説 心理的安全性とは?注目される背景や組織にもたらす効果を解説

SUGARメルマガのご案内

SUGARでは企業の健康経営や従業員の健康増進に役立つメールマガジンを配信しています。

こちらのフォームよりメールマガジンの登録が可能ですので、お気軽にご登録ください。

PAGE TOP